サロン脱毛の種類

エステサロンの脱毛というと「永久脱毛」や「レーザー脱毛」といった特定の単語の印象が大きいこともあり、どこでも同じような施術をしているような印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。けれども本来エステサロンでの脱毛は、永久性のあるものからないものまで、様々な方法で行われています。永久脱毛だから良い、悪い、といったことではなく、自分の目的にあった方法で脱毛をすることが、もっとも重要なことではないかと思います。

ところで、サロン脱毛の宣伝でよく耳にする「永久脱毛」とはどういう脱毛のことを言うのでしょうか。実はこの脱毛の永久性の定義は、時代とともに変化してきています。日本には永久脱毛を定義している団体はないため、今まで日本のエステサロンが「永久脱毛」という言葉を使う際には、アメリカの電気脱毛協会が定めている「最後に脱毛をした時から1ヶ月後に、毛の再生率が20パーセント以下である」という定義に乗っ取っていることがほとんどでした。

ところが最近、この定義に変わり、脱毛をしたあとの場所の毛の量が「明らかに減っている」という「減毛」の状態に「永久」という言葉をあてはめる考え方も広く使われるようになってきました。これは、ある程度長い歴史があり、前出の「永久脱毛」の効果が認められている電気脱毛にかわって、フラッシュ脱毛という拡散光源を利用したレーザー脱毛がポピュラーになりつつあるということにも起因しています。どちらにせよ「永久」という文字がついているからといって、全く毛が生えてこなくなることを保証するものではない、ということは理解しておく必要があります。

さて、サロンで行われている脱毛の種類に話を戻します。サロンで行われている脱毛方法としては、ここまでにでてきた「電気脱毛」「フラッシュ脱毛」の他、美容皮膚科等のクリニックで行われる「医療レーザー脱毛」、ブライダルエステなどによく組み込まれている「ワックス脱毛」があげられます。

このうち長期的な減毛効果が期待できるのは、電気、フラッシュ、医療レーザーで、ワックスは一過性の脱毛方法です。プロのエステティシャンに施術してもらうワックス脱毛は、自宅で行うものとはひと味違い、非常に綺麗な仕上がりになることから、結婚式をはじめとしたイベント前の利用が多いようです。電気脱毛は確実性が高いかわりに痛みが強く、フラッシュ脱毛は痛みが少ないかわりに、永久性についてはいまだなんともいえない部分がある、というデメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*